医療法人 慈照会グループ

採用情報

ホーム > 天野記念クリニック > 糖尿病の基礎知識 > 糖尿病の薬物療法

糖尿病の薬物療法

糖尿病の薬物療法①

未治療の糖尿病患者で十分な食事、運動療法を2から3か月行っても、血糖コントロールの目標値が得られない場合、薬物療法の適応となります。現在、使用されている経口薬は作用機序から7系統に大別されます。どの薬を選択するかは、合併症抑制に効果があるか、病態に適しているかどうか、禁忌事項に当てはまらないかなどを考慮して選択します。患者の同意がないと処方できないので、処方する前に薬の説明をします。自分がどんな薬を処方されているか知っていることは大事なことです。

糖尿病の薬物療法②

血糖降下薬を開始する一応の目安はHbA1cが7.0%以上です。インスリン非依存状態(インスリン分泌が保たれている状態)の目安としては、随時血糖が300mg/dl未満、空腹時血糖が200mg/dl未満、HgbA1cが10%未満などを参考にします。しかしながら、速やかに血糖を下げたいときはインスリン注射を使用することもあります。一方、インスリン依存状態(インスリン 分泌が乏しい状態)、糖尿病合併妊娠、急性代謝失調時、重篤な感染症、全身管理が必要な外科手術などではインスリン注射を使用しなければなりません。