医療法人 慈照会グループ

ホーム > 天野記念クリニック > 糖尿病の基礎知識 > 糖尿病と食事療法

糖尿病と食事療法

糖尿病と食事療法①

食事療法はすべての糖尿病患者において治療の基本であり、出発点です。食事療法の実践により、糖尿病状態が改善され、糖尿病合併症のリスクは低下します。個々人の生活習慣を尊重した個別対応の食事療法がスムーズな治療開始と持続のために必要であり、そのためには食生活の内容を始め、食事の嗜好や時間などの食習慣、身体活動量などが必要です。血糖値、血圧、血清脂質のコントロール、体重の推移、年齢、性別、合併症の有無、身体活動や、従来の食事摂取量などを考慮して、摂取エネルギー量を決定します。肥満者や高齢者では少なめにエネルギー量を決定します。