医療法人 慈照会グループ

採用情報

ホーム > 新着情報 > 栄養科通信:食事相談のご報告

栄養科通信:食事相談のご報告

今回は、毎月透析患者さまに行っている食事相談から改善がみられた事例のご報告です。

血液検査の結果で、食事の影響を受けやすいリンの値が高めで悩まれていた患者さま。
食事相談の際に日頃の食事について一緒に振り返り、原因を探ったところ、リンが上昇する様々な原因のうちリンを多く含む飲み物を沢山飲んでいたことが分かりました。

☝リンを多く含む飲料

牛乳、乳製品、ヨーグルトドリンク、カフェオレ、フルーツ乳飲料、乳酸菌飲料、コーラなど一部の炭酸飲料などが挙げられます。

「乳製品や炭酸飲料は好きだからなかなかやめられない」と受け入れ難しいご様子。
そこで、目安の量やリンの少ない飲み物に変えることなど飲む際のポイントと共に、高リン値が身体に与える悪影響についてお伝えしました。

次の相談時に話を伺うと、
「骨がもろくなると聞いたから炭酸飲料だとコーラからリンの少ないサイダーに変えたよ。乳製品がどうしても
飲みたい時には量に気をつけて飲んでいる。」
と前向きなお話が聞かれ、血液検査の結果も見事に改善されました。

生活のなかで食事は楽しみのひとつです。
お一人おひとりが食事を楽しみながら食べ方に気をつけていくことができるようこれからもサポートしていきます。