医療法人 慈照会グループ

採用情報

ホーム > 新着情報 > 栄養科通信:在宅復帰の取り組み

栄養科通信:在宅復帰の取り組み

今回は、介護用レトルト食品を活用しながら定期的に在宅復帰をされている方のご紹介です。

嚥下障害があるため、施設では水分にとろみをつけたり、飲み込みに配慮した食事をご用意しています。

初めてご自宅で過ごされる際に、ご家族様から「食事はどんなものを用意したらいいか」とのお話がありました。

言語聴覚士とともに、ご本人様の嚥下状態やご家族の介護負担などを考慮し、大手スーパーやドラッグストアで購入可能な介護用レトルト食品を紹介させて頂きました。

後日、ご家族様から、「レトルト食品も使うことで、食事の準備が楽になりました」とのお声をいただき、その後も順調に在宅復帰をされています。

ご本人様も自宅で過ごす日をとても楽しみにされていて、日々リハビリに励んでみえます。

嚥下障害のある方など、食事に関する不安や心配事を解決できるよう、専門職から様々な提案をさせていただきます。 どうぞ、気軽にご相談ください。