医療法人 慈照会グループ

ホーム > BLOG > H30.8月度 リハビリテーション科やりがい報告

H30.8月度 リハビリテーション科やりがい報告

ハートフルライフ西城リハビリテーション科より「リハビリテーションのやりがい」を毎月更新していくことになりました★

先月は2件ありましたのでご紹介します!(^^)!

 

 

 

<ケース1>

発症後3年経過した重度失語症で、当施設訪問リハビリテーションの訓練を開始し、

2年経った利用者様が、先日医師の往診の場面で、

「おはよう」や「ありがとう」をうまく話すことができ、

本人、ご家族ともに非常に喜ばれることがありました。

重度失語症の方は緊張する場面ではなかなか言葉が出ないことが多いのですが、

この利用者様は頑張って日ごろの成果を医師に見せることができました(^^♪

とてもいい笑顔で、本人も自信につながったと思います(#^^#)

 

 

<ケース2>

通所リハビリテーションの利用者様で腰部脊柱管狭窄症の再手術を

行われた方がいらっしゃいました。

リハビリテーション病院を退院され、その後当施設の通所リハビリでのリハビリを

強く希望されましたが、あいにく空きがなく他施設をご利用することになりました。

しかし、「以前のリハビリ担当にどうしてもリハビリを行ってもらいたい」と

強く希望され、空きが出てすぐ再利用していただきました。

指名を受けた担当の理学療法士(PT)は本当にPT冥利につきますねぇ(^ω^)

 

 

以上2点が先月のやりがい報告であがった内容です( *´艸`)